ハゲを治すシャンプー.net

ハゲを治すシャンプーを探して数年、私は間違っていたことに気づきました・・・
シャンプーでは育毛できないそうです。。。orz

 

ハゲを治すシャンプーに気づいた!

しかし、ハゲを治すためにシャンプー選びは重要です。
それは、ハゲを治すためにはシャンプーでの頭皮ケアが欠かせないからですよね。

 

つまり、シャンプーは育毛するのではなく、育毛のための環境を整えるものなんですね!

 

スカルプケアシャンプーで頭皮の環境を整えてから、育毛剤や育毛飲み薬で発毛を促進することが大事なようです。

 

ですから、ハゲを治すシャンプーは毛穴の汚れを取ることは重要なのですが、取り過ぎると皮脂の分泌が多くなり逆効果なので、優しく汚れを取りながら栄養を与えてくれるシャンプーが良いようです。

 

そんな、ハゲを治すのに適したシャンプーってたくさんあるんですね!例えば・・・

 

 

U-MAシャンプー

 

女性にもおススメ!

 

 

 

S-1シャンプー

 

女性にもおススメ!

 

 

 

マイナチュレ (女性向け!)

 

 

 

ハゲを治すために心がけていること

よく乾かして、血行を良くするよう心掛けています

ハゲを治すシャンプーの後はよく乾かす

ハゲを治すためには、何より抜け毛を防ぐことです。抜け毛対策として、私は「よく乾かす」「頭皮の血行を良くする」ことを心掛けています。

 

「よく乾かす」のは、以前、頭皮を濡らしたままだと抜け毛が増える、という話を知人から聞いたからです。髪の毛、というより、頭皮を乾かすような感じで、ドライヤーの熱い風と冷たい風をこまめに切り替えながら、気長に乾かします。

 

早く乾くよう、髪をタオルで拭きつつ、地肌寄りにドライヤーを細かく振ってみたり、いろいろやってみていますが、髪が長いとなかなか時間がかかって大変ですが、抜け毛予防のために!と頑張って乾かします。

 

また、「頭皮の血行を良くする」ことで、髪の毛の健康が保てるのでは、と考えて、髪をハゲを治すシャンプーで洗う時には指の腹で頭皮を揉むように洗います。毛穴の汚れをグーッと揉み出すようなイメージです。

 

髪を梳かす時も、マッサージ効果のある、ブラシの先が球形になっているものを使って、頭皮を叩いたり、刺激を与えるように気をつけています。

 

私が実践している抜け毛を減らす育毛について

ハゲを治すシャンプーで減らす

30代も中盤に差し掛かり、抜け毛が気になるようになってきました。抜け毛が多いのは薄毛やハゲに繋がります。ですので、抜け毛を防ぐために幾つかの育毛方法を実践しています。

 

まず、ハゲを治すシャンプーと育毛剤を組み合わせて使うようにしています。

 

以前は育毛シャンプーのみ使っていたのですが、ハゲを治すシャンプーと育毛剤を組み合わせて使わないと、効果が最大限に発揮されないという事を知り、それ以来は組わせて使うようになりました。

 

次に整髪料として、頭皮に優しいワックスを使うようにしています。

 

若い頃はそんな事はお構いなしにハードワックスを使っていたのですが、長時間、髪の毛を固定しているのは思いのほか頭皮にダメージを与えているのに気付き、頭皮に優しいものを使うようになりました。

 

あとは食生活において、トマトといったハゲに良いとされる食べ物を積極的に摂るようにしています。

 

またアルコールの摂り過ぎは頭皮に良くないみたいなので出来る限り控えるようにしています。と、抜け毛を減らすハゲ対策によって薄毛リスクを少しでも減らせれば、と思っています。

 

抜け毛・薄毛のための私のハゲ対策法!(^^)

ハゲを治すシャンプーで対策

加齢とともにだんだんと抜け毛が目立つようになり、ハゲにならないか悩んでいる日々でもあります。洗髪後にドライヤーで乾かすとその抜け毛に驚いてしまうことも多々あったりするのです。

 

そんな抜け毛を見ていてショックを受けてからは抜け毛・薄毛のためのハゲ対策をするようになりました!

 

それは入浴中に半身浴をしながらの頭皮マッサージでもあります。血流が良くなった時に頭皮を活性化するために自分でマッサージを15分くらいするようにしている日々でもあるのです。

 

そして、使用するシャンプーとコンディショナーもすべて普通のタイプのものはやめてハゲを治すためのアミノ酸系やノンシリコンの商品を使用するようにも改善しました。

 

頭皮や髪の毛への負担がノンシリコンを使用するとかなり減るのでシンプルに健康的かな〜と感じる日々でもあります。

 

強すぎる刺激や余計な添加物が過剰に入っていたりすると体にも頭皮にも悪影響を及ぼしてアレルギーを起こしてしまったり薄毛へと発展してしまったりすると思うので、やはり安心できるものを日々愛用すると安心です!

更新履歴